2019年08月25日

サスペンダー

入社当時 同期がサスペンダーをする

そのときは 話しをすることもない お隣の同期である

サスペンダーを途中でやめる

おそらく 注意されたのか そんな時代である

その ず~っと後 親しくなる

今度 いつ 会えるかわからないが 聞いてみたい

でも まともな答えはせず ひん曲がった理由を言われるかな

1リットルほど ブラックジョークが混ざる性格の男である

posted by ジョージ at 20:00| Comment(0) | 第二章~感じるままに~ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください